試供品を少し得意げにくれる母の姿が愛おしい

ゴールデンウィークは、
久々に実家に帰った。

リビングで母と話してると、
やっぱり母の愚痴が始まった。


最近すぐに期限の悪くなる父、

口だけで全く行動に移さない妹、

おばあちゃんの介護の手伝いをせず、

サービス残業におわれてる叔母(母の妹)

色々大変だな〜って思うのが1割、
長くなるかな〜って思うのが9割で真剣に聞いてた。

そろそろ満足したかなって頃、

「これあげるよ」

と、机の上においてあった試供品の
トリートメントをくれた。

いつも美容院に行ったときに
ホームケア用としてもらえるらしい。

「毎日は使わないし、
一回に1つ丸々使わなかいから余っとるんよ」って、

「妹にもあげたけどまだ余ってるからあげるよ」

と、なぜか少し得意げに渡してくれた。

机の上にあったってことは
渡す準備をしてくれてたのかな。

その姿を想像したら、母が愛おしかった。


投稿を作成しました 16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
PAGE TOP